千葉県幕張の犬猫 動物病院は幕張どうぶつ病院

千葉県幕張にある犬猫の動物病院なら幕張どうぶつ病院。犬猫の血液検査・心電図検査など幅広い治療を実施。トリミングやペットホテルも。緊急疾患のペットのみ夜間診療を行います。

オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

イヌネコ用手作り流動食の作り方♪

今日は飼い主さんから一番リクエストが多い手作り流動食の作り方を載せたいと思います。

まず一般的な手作り食を作る際もそうですが、体重に合わせて以下の材料の計算を行います。

 

①体重当たりに必要なタンパク質のグラム数を計算し、加える肉や魚の量を決定

②加えるタンパク源に対して適正な量の野菜、内臓肉、骨の量を計算し決定

③食餌を給餌する直前に加えるオメガ3脂肪酸の量を計算し決定

 

以上の項目が計算出来たら調理に取り掛かります。

DSCF1036

今回は鶏の手羽元、ハツ、砂肝、膝軟骨を用意してみました。

購入先は美浜ニューポートにあるロピアです。

ロピアの良いところは鶏ハツが単品で販売されているところですね。

普通のスーパーだと鶏ハツとレバーがくっ付いた状態で売られているので、バランス的にレバーがかなり過剰になってしまいます(余ったレバーはヒトが食べればOK)。

ちなみに豚ハツも1個丸々売っています。イオンは豚ハツの切り身が売っていましたので見た目がダメな方は切り身を購入されるといいと思います。

よく飼い主さんに「先生~、内臓は見た目が気持ち悪いから触れない~!」って言われます(笑)。そういう場合は切り身を売っているスーパーを探してみましょう。

あとは皆さんにお勧めしているのがTWINBIRD社から出ているスロークッカーです。

http://www.twinbird.jp/products/ep4717.html

これはとても便利で、スイッチ入れれば翌日までほぼ何もしなくていい優れものです。

楽天などで3000円くらいで購入できますから是非お試しください。

豚の角煮とか作ったら美味しいですよ^^。

DSCF1041

まずは手羽元のお肉を入れ、

DSCF1042

お水を入れた後にりんご酢を1周グルっと入れます。

DSCF1044

そして蓋をして弱火にスイッチを合わせて翌日まで様子を見ます。

DSCF1047

使うお肉にもよりますが、今回は手羽元なので皮からの油が表面に浮いてきます。

その油はおたまで何回かとってください。

これでスイッチを着けてから24時間待ちます。

DSCF1054 DSCF1052

 

翌日スープが出来上がったら内臓肉を細かく切っていきます。

DSCF1055

ステンレスのお鍋に入れて、

DSCF1057

出来上がった骨スープを内臓肉の入ったお鍋に肉が浸るくらい入れます。

DSCF1061

弱火で煮込みます。

DSCF1062

 

グツグツと煮立ったら火を止めて10分間そのまま放置して蒸します。

これで蒸した内臓肉の出来上がり(A)。

DSCF1063

24時間煮込んだ骨スープは手羽元の骨とお肉が自然と分離します。

このまま味付けして自分が食べたいですよね(笑)。

DSCF1065 DSCF1072

お肉(B)と骨に分けます。

DSCF1073

骨は手で簡単に割れます。

DSCF1078

キッチンバサミで細かくしていき、

DSCF1089

 

骨の細切れが出来上がり。

DSCF1090

骨を細かくしたものをミキサーに入れ、

DSCF1095

骨スープをミキサーに加えます。

DSCF1097 DSCF1098

ミキサーを回し、これで骨のペーストの出来上がりです(C)。

ここまでの手順が一般的な手作り食の流れです。

(B)を中心に(A)と(C)を加え、これに野菜の量を計算し混ぜ、最後にオメガ3脂肪酸を添加すれば完成です。

手作り流動食はここまでで作り置きしてある、お肉、内臓肉、野菜を1回量それぞれ計算して分量を決定し、ミキサーの中で複数食分混ぜ合わせます。

DSCF1102

流動食ですからお肉などをペーストにするための水分は作り置きしてある骨スープを使用します。

DSCF1103

1度計算して回数分を統一しておくと次からだいたいの目分量でできます。

DSCF1105

粘度が比較的低い方が、シリンジポンプやカテーテルから入れやすくなり、詰まりにくくなるので、そのバランスは骨スープの量で決めましょう。

DSCF1106

最後の仕上げとして作り置きしてある骨のペーストを入れて出来上がりです。

肉、内臓肉、野菜、骨ペーストを作り置きしておけば簡単に流動食は作れますし、この流動食も作り置きが可能なので、あとは仕上げにオメガ3脂肪酸を追加するだけでOKです。

ここで作ったポタージュスープも皆さんにお配りしましたが、喜んで食べてくれた子が殆どで、手作り食やスープをご自宅で作られるようになった方が増えました。

重要なのは体重当たりに必要なタンパク質を計算して、それを中心に内臓肉、野菜、骨(カルシウム)、オメガ3脂肪酸を決めることです。

過剰にあげ過ぎてもそれぞれ良くないので、その子の疾患や嚥下能力に合わせて微調整することが大切です。

比較統合医療学会と点滴療法研究会

IMG_2217

先日は病院を休診にさせていただき、セミナーに参加してきました。

午前中は統合医療学会へ、午後は点滴療法研究会へ行ってきました。

統合医療栄養学セミナーは今回で8回目の講義となり最後の勉強会となりました。

午後の講義は受講できませんでしたが、点滴療法研究会が初の獣医師対象の講義だったため、日本橋の会場から三田の会場まで大急ぎで移動。

手作り食などの食餌での栄養管理と点滴による栄養管理の実践方法ということでとても勉強になった1日でした。

講師の先生にも新しい点滴方法を色々と質問でき、早速院内の治療に応用しています。

点滴療法研究会の講義には医師や歯科医師の方も参加しており、ご自身で飼育されている犬に対してどのように点滴療法を行ったほうが良いかなどの質問も出たりして、新鮮な気持ちで先生方のお話を聞いていました。

オーソモレキュラー療法(分子整合栄養医学)の勉強会にも誘っていただける事になったので、今後も知識を吸収していきたいと思います。

4月の学会&カンファレンス参加

3月から通い始めた比較統合医療学会の栄養学セミナー実践編ですが、第2回目に参加してきました。

今回はなんと犬猫の手作り食を実際に作って学ぶという会で、これが目当てで申し込んだというのもあります。

IMG_1448

 

 

場所は目黒で行われました。

4月中旬だったのでだいぶ桜は散っていました。

IMG_1461

学会で調理実習なんて聞いたことありませんでしたし、「参加獣医師はエプロン持参」でした^^。

IMG_1449

まずは今日みんなで作るメニューの説明があり、その後はグループ分けで4組に分かれていよいよ開始です。

IMG_1450

蒸し料理から、手作り流動食、グリーンスムージーまで、4種類の課題料理をグループで作っていきました。

IMG_1452

グリーンスムージーは普通に美味しかったです(笑)。

IMG_1454

個人的に一番知りたかったのが手作りの流動食です。

今回講師の先生から「何か作ってみたい種類の食餌はありますか?」と3月の講義の時に聞かれたので、是非とも手作りの流動食の作り方を教えて欲しい旨をお願いしていました。

今までですと市販の動物用の流動食を使用していましたが、今回教えてもらったレシピだとカテーテルやシリンジポンプからも給餌ができるので、早速当院でも作ってみました。

そちらの記事はまた後程アップしたいと思います。

IMG_1456

ワイワイガヤガヤと集まった皆さんで作った料理が出来上がりました。

このころには夕方になっていましたので、自分もお腹がグーグーなってました(笑)。

IMG_1451

できあがった食餌は講師の荒木先生のワンちゃん達に食べてもらいました。

まぁ美味しそうに2匹とも食べる事(^^♪。

しかも4グループで4つのレシピを作っているので、皆で「流石に食べ過ぎだね^^;」ってなりました。

荒木先生曰く、「今晩はご飯抜き」だそうです(笑)。

いつもの知識だけを学ぶ学会も楽しいのですが、今回はまた違った楽しさがありました。

何人かの先生には「先生の病院でやっている’本日のスープ’っていいアイデアですね!。うちでもやってみようかな」って言っていただきました。

荒木先生には「スープ先生」というあだ名まで付けていただきました(笑)。

やっぱり作り立ての食餌は人間も動物も美味しいに決まってますよね。

今度は当院で作ったポタージュスープについて書きたいと思います。

「真サバとカブのスープ」とそれを待つ子供たち♪

いつも美味しい手作り食を作られているSさんから新しいレシピが届いたのでご紹介します。

DSC_8943

 

2枚下ろしになっている真サバを良く洗い、熱湯にくぐらせて臭みを抜き、フライパンで表面を焼いて中骨を取ります。

身は焼きすぎると固くなるので、表面を焼き、少し火が入るとヒレ回りの骨、腹部の骨をピンセットで取りやすくなるため、完全に取り除き、よくほぐしながら、骨が無いことを確認します。

DSC_8944

 

取り出した中骨を鍋に入れ、出汁を取ります。

DSC_8946

 

中骨でとった出汁に、カブ、カブの葉もみじん切りにし、柔らかくなれば、ほぐしたサバをいれて、ひと煮立ちしたら、すりごまをすり、風味づけにいれたら終わりです。

DSC_8947

この量でチビ君、パッ君2匹で3日分くらいの量だそうです。

 

DSC_8950

 

ふやかしたドライフードに出来上がったスープを混ぜ、ミョウガを少量トッピングして出来上がりです。

DSC_8952 DSC_8954

 

チビ君は美味し過ぎるのか、がっつくあまりピンぼけしちゃってます(笑)。

パッ君はお利口さんに待てしてますね。

DSC_8959

 

2匹とも魚ベースのスープが大好きだそうです。

手作りスープを与えてから便の状態もとても良くなり、毎日元気いっぱいだそうです。

このスープをSさんがお友達のFさん家のドーベルマンのルディアちゃんにお裾分けしたところ、とても喜んで飲んでいたと診察の時に聞いており、「Fさんも是非作ってあげたらどうですか?」と提案したんですが、「いやぁ先生、あたしこんな手間かかるスープ作れないよぉ!」って仰ってたんですが、本日メールをいただき、

「母ちゃん、夜なべしてルディアにスープ作りました」と(笑)。

1491576140389

1491576161462

1491576179832

1491576197177

 

SさんにLINEで指導してもらいながら作ってあげたそうです^^。

1491576791532

 

作っている最中、匂いに誘われてリビングでスタンバってるルディアちゃんの写真も添付してくれました。

「早く食べさせてくれーーー!!!」と鳴いているルディアちゃんと、「チョッと待ちなさいよ、母ちゃん今頑張って作っているんだから!」と言っているFさんの光景が目に浮かびます(笑)。

良かったね、ルディアちゃん(^^♪。

栄養セミナーに参加してきました♪

IMG_1287

 

3月6日(日)は休診にさせていただき、比較統合医療学会の「統合医療栄養学セミナー実践編」に参加してきました。

去年、4回に分けて基礎講習会で最新の栄養学を学び、当院の患者さんでも手作り食や骨スープ、グレインフリーフードなどをご自宅で実践されるかたが非常に増えました。

中には「こんな手作り食作りましたよ~!」や、「こんな手作りおやつ作りましたよ~!」と写真を見せてくださったり、メールで報告してくださったりと、逆にこちらが楽しませてもらっています(笑)。

今回は「実践編」ということで、前回よりもより細かい内容になっていました。

・食べ合わせ

・塩分

・脂質の質とバランス

・肉付き生肉(RMB)の活用

・食物繊維について

などを具体的な手作りレシピとともに色々と教えていただきました。

手作り食を作る際に飼い主さんに指導できるレシピが増えました。

またその中で早速取り寄せたのがこちら↓。

DSCF8201

 

スピルリナです。

当院でもユーグレナ(ミドリムシ)を動物用に扱っていましたが、いかんせん価格がお高い。

スピルリナは藻の一種ですが、クロレラやミドリムシに比べてお値段が安価で手に入ります。

しかも消化吸収が2時間で95%と早く、ビタミン、ミネラル、蛋白質なども豊富。

手作り食を毎日用意するのは大変。

お肉を用意して、内臓を用意して、骨を用意して、野菜を用意して、オメガ3脂肪酸やその他サプリメントを用意して・・・とバランスを考えると慣れない最初のうちは想像しただけで「自分にできるかな?」って皆さん思ってしまいます。

そんな中、きちんとした栄養素が入っていれば手抜きレシピだってありなわけです。

「お肉は用意できるけど、お野菜をペースト状にしたり蒸したりするのが今日は面倒だなぁ」って日にスピルリナ使うと便利ですよって教えていただきました。

まずは飼い主さんに勧める前に、毎度のことながら自分でお試しと思い購入してみました。

DSCF8203

 

ヒトの1日量は40錠。

チョッとこの数だけでもひいてしまいますが(汗)、2回に分ければ難なく飲み込めました。

その後添付されていた説明書を見たら、

「初めての方は5粒から始めましょう」

と書いてありました・・・。

スピルリナはビタミンCが含有されていないので、いつも飲んでいるこちら↓

リポカプセルビタミンC

 

リポカプセルビタミンCと一緒に飲もうと思ってます。

消化管の状態によっては下痢したり便秘になったりするらしいので、少量から様子を見ながら使っていった方が良いですね。

来月は実践編の第2回目になるのですが、何と料理学校を借り切って調理実習のような形で行うそうです。

実践編に申し込んだ理由の一つにこの調理実習があったので、今からとても楽しみです。

また新しいレシピを作ったらブログでご紹介しますね。

眼科&循環器の勉強会と今月のスープ♪

今月は診療時間を短縮して、2つの勉強会に行ってまいりました。

IMG_0914

 

一つ目は毎月通っている眼科カンファレンスでした。

今回の斎藤先生のお話で印象深かったのは、

「きちんと白内障およびその合併症について説明のできる獣医師はまだまだ少ない。飼い主さんは眼を痛がったり目やにが多くなると病院に連れてきてくれるが、視力が落ちたら年齢なので仕方ないと諦めてしまう。獣医師も歳だから白内障は仕方ないねと説明する人がいる。僕はもし自分が目が痛くなったり目やにが増えたりするのは少しは我慢できるけど、視力がなくなって見えなくなるのは我慢できない。」

という言葉でした。

白内障やその合併症であるブドウ膜炎や緑内障は視力がなくなることがあります。

実際に当院の患者さんが斎藤先生の病院で成熟白内障の手術をしてもらった後、目が見えるようになり、見違えるように元気になった子がいます。

動物だっていつまでも大好きな飼い主さんの顔を見ていたいですよね。

お散歩だって景色を見ながら歩いた方が何倍も楽しいでしょうし。

今回の斎藤先生の言葉はすごく心に刺さりました。

これからももっと眼科を勉強していきたいと思いました。

IMG_0925

 

二つ目は循環器の講演会でした。

循環器専門医の先生お二人のお話を聞くことができました。

犬や猫の高齢化によって循環器疾患を抱える子達も増えてきています。

2016年に発表された論文のお話もあり、行って良かったです。

今後の診療に早速取り入れたいと思いました。

 

 

さて今月のスープのコーナーです(笑)。

 

DSCF6075

 

チビちゃん&パッ君ママから「イオンでマグロの解体ショーやってて中骨買ってきたからお裾分け~!」とわざわざ病院に下ろしたてのマグロの中骨を持ってきてくださいました。

見るからに新鮮^^。

一晩コツコツ煮込んで皆さんにお配りしました。

DSCF6275

 

お次は今回初めての試み。

「鹿」のゲンコツです。

北海道から取り寄せてみました。

DSCF6276

 

鹿だけにけっこう大きな骨だったので、半分に折ってお鍋に入れます。

DSCF6277

 

そして鹿のスネ肉を2㎏購入。

DSCF6278

 

一口大に切ります。

DSCF6279

 

一晩煮込んだゲンコツのスープに入れます。

DSCF6280

 

コトコトとさらに一晩煮込みます。

DSCF6318

 

できあがり。

調理して思ったのは他の獣肉に比べて脂が少ないのが特徴でしょうか。

ただオメガ3脂肪酸に関しては他の獣肉に比べ鹿肉は豊富ですから、マグロの中骨とのローテーションでスープを作ってもいいかもですね。

魚の匂いが苦手なワンちゃんネコちゃんにはお勧めですね。

是非お試しください。

迷子のお知らせ

DSCF6068 DSCF6070

 

迷子のお知らせです。

本日花見川沿いにあるしらさぎ公園付近を1匹で歩いているところを保護されました。

体重は2.56㎏で未去勢の男の子です。

左右の睾丸の大きさが非対称です。

両眼の白内障、僧房弁閉鎖不全症による心雑音が確認できます。

マイクロチップリーダーではチップは確認できませんでした。

お心当たりのある方は、当院までご連絡ください。

眼科カンファレンス参加とチビ君&パッ君ママの鰯のつみれスープ♪

11月眼科カンファレンス

 

11月1日に毎月参加させていただいている眼科症例カンファレンスに行ってきました。

今回は斎藤先生がアメリカの獣医眼科学会で発表された内容を聴くことができました。

それと人間のドライアイの定義は犬猫に全て当てはまるのか?という議題。

とても勉強になりました。

毎月参加していても毎回新しい知識や経験談を聞かせてもらえるのでとても楽しいです。

来月で150回目となりますが、私が開業する前にこのカンファレンスがスタートしているのでもう12年以上になります。

時が過ぎるのがあっという間です^^。

 

 

さて、いつも当院で作っているスープなどを今までご紹介してきましたが、今回は飼い主様から「先生、こんなの作ったけど美味しそうに食べてたよ~!」とメールをいただいたので、皆さんにも是非ご紹介したいと思います。

今回のレシピはM・ピンシャーのチビちゃん&パッ君ママのSさんに教えていただいた「鰯のつみれスープ」です♪。

DSC_8651

 

①鰯は、頭を取り、腹を斜めに切り内蔵を取り、綺麗に洗います。

(ここで、中骨の上に人差し指で、腹から尻尾にかけて、開くと手開きできて、尻尾を折り尻尾からはがすと、中骨が綺麗にとれますよ)

DSC_8609

 

②洗った鰯を、ぶつ切りにして、洗った生姜を小分けに切り、一緒にミキサーします。すると、中骨までも分からなくなります。(犬用なので、念のためさわって骨チェックしました)

DSC_8612

 

③2本のスプーンで互い違いに成形し、少量なので、フライパンで、蒸し焼きにしました。

DSC_8638DSC_8661

 

④我が家は、大根野菜スープをいつも犬用に作ったのがあるので、ハンバーグにし、トッピング風にしました。

DSC_8639DSC_8640

 

⑤同時に鰯の水煮も作ってみました。2時間煮ると身は軟らかくなり、翌朝にはさらにホロホロに。

DSC_8618

 

⑥鰯のつみれと大根の野菜スープにドライフードを足しました

DSC_8645

 

⑦こちらは鰯の水煮とドライフードです。

DSC_8624

 

調理中待ちきれないお二人さん(笑)。

DSC_8621

 

チビちゃん「いただきまーす!」

DSC_8622

 

パッ君「待った甲斐があったよー!」

DSC_8653

 

上記のやり方に人参などのお野菜を混ぜてハンバーグを作っても良いかもしれないとのことでした。

チビちゃん&パッ君のお父さんも鰯のつみれが大好きだそうで、奥さんが作ったことをお話したら楽しみにされていたそうですが、2匹がとても美味しく食べてしまって、つみれが1個しか残らなかったらしく、お父さんは「何故俺は1個だけなんだ・・・」と凹んでしまったそうです(笑)。

DSC_8657

 

次の日にお母さんがさらに鰯を買い込んで、3人のためにいっぱい作ったそうです^^。

素敵なご家族ですね。

魚1匹丸々使っていますから、カルシウムやオメガ3脂肪酸のバランスなども他の獣肉よりも優れているので素材としてはとても理想的ですね。

Sさん、また新しいレシピお待ちしてま~す!。

 

光線力学療法臨床研究会セミナー参加と牛骨スープとカレンダー(^^♪

最近暖かい日もあれば寒い日もあり体調に気を付けたい日が続いてますね。

さて27日は午後を休診とさせていただき、光線力学療法のセミナーに参加してまいりました。

DSCF3891

 

3年前に参加した時と比べ、全国で900症例に対して実施されたようです。

当院でも癌に対する治療の選択肢の一つとして行っております。

今回のセミナーでは今までのICG-lipoの癌に対する作用のほかに、細胞性免疫を誘導し自身の免疫細胞が癌を攻撃する機序が存在しているのではないかというお話もありました。

今後標準治療が難しい子のQOLの維持のために有効な治療法の一つとなると思います。

僕自身もさらに勉強しないとです。

やはり色々な先生のご意見や経験談を聞くととても勉強になります。

 

 

そして昨日のお昼から新しい食材である牛骨を使ったスープを煮込んでおります。

24時間は煮込めましたので興味のある方は是非ともお試しください。

DSCF3873 DSCF3874

 

煮込みあがったスープを味見しましたが、塩と胡椒入れて飲みたくなりました(笑)。

DSCF3899

 

前回、前々回とマグロが続いていましたので、久しぶりの哺乳類です。

最近では飼い主さんの中でも「骨スープを作ったよ~^^」と報告を受けることが多く、ワンちゃんもネコちゃんも飲んでくれる子が多いです。

 

 

 

DSCF3890

 

来年度のカレンダーが届きましたので今日から皆さんにお配りしております。

来院された際に受付までお声がけください。

マグロの中骨の骨スープ♪

めっきり寒くなってきましたね。

日々バタバタしていてブログの更新が遅れております。

先月新たな骨スープのレシピで「マグロの中骨」を使ったスープを作ってみました。

仕入れ先は大阪にある魚丸商店さんです。

http://www.uomaru.co.jp/

マグロの頭では2度スープを作りましたが、骨の割合が少なく感じていたのでもう少しカルシウムを摂るために骨を売ってくれるところがないか探しました。

お値段は1kg=100円で、今回10kg注文しました。

それでも1000円だからお安いですよね。

大阪からなので送料が2000円かかりましたが(笑)。

DSCF2671

 

軽い気持ちで10kg頼んだのが間違いでした^^;。

DSCF2672

 

1個1個が大きいので(それでも魚丸商店さんが鍋に入れやすいように小さく切ってくれましたが)、前々回の鶏がらスープを作った時と同じく病院の小さな冷凍庫に入らない・・・。

最近は当院に来て下さる飼い主さんもご自宅で骨スープを作られている方が増えているので、冷凍庫に入らない中骨は皆さんにお裾分けしました。

DSCF2678

 

まずは昆布で出汁をとります。

DSCF2679

 

中骨を敷き詰めて、

DSCF2683

 

りんご酢を入れて弱火でコトコト煮込みます。

2時間ほど煮込んだらシャトルシェフの魔法瓶内で煮込み続けます。

DSCF2703

 

翌日には1つ1つの中骨が簡単に外れ、椎間板の部分がプリンととれるレベルに。

味見しましたが、頭よりも中骨の方が出汁の味が濃く感じたのと、匂いが強くなった感じがします。

中骨自体にマグロのお肉も想像していた以上に付着していました。

7リットルくらい作ったスープも皆さんにお配りして3日間で無くなってしまいましたが、ワンちゃんで9割、ネコちゃんで7割くらいの子が食べてくれました。

骨スープは関節疾患(抗炎症作用、痛みの軽減、損傷部位の再生作用)、自己免疫疾患骨粗しょう症骨折の回復胃腸をいたわる効果(IBD、リーキーガット)、鎮静効果(リラックス、安眠、術後の回復)、食欲がない時食を促すために、病中・病後の回復食として幅広く使えます。

骨に多く含まれるカルシウムコラーゲングリコサミドグリカン(コンドロイチン、ヒアルロン酸etc.)、プロテオグリカン(組織の維持修復、コラーゲンやヒアルロン酸と結合し身体組織・皮膚組織維持)がたっぷり入っています。

豊富なカルシウムを摂取することにより、消化管内でのリン(P)やシュウ酸の吸着が促進され、腎不全時の高リン血症や膀胱結石(シュウ酸カルシウム)などの予防にもつながります。

最近では大型のスーパーなどや楽天などで骨が簡単に入手できますのでご自宅でも是非作ってみてください。

また近いうちに新しい骨スープを作る予定ですので、またお知らせしますね。