血液検査

幕張どうぶつ病院の血液検査について

img21-1

今、大切な犬・猫がどのような状態にあるのかを調べるために行います。
血液検査は病気の予後や治療の選択のために非常に重要です。

血液生化学的検査は、各臓器の働き方を調べてどんな異常が起きているのか?どのようなタイプの疾患か?そして予後はどうなるのか?など、より詳細に推定でき、診断の能力が飛躍的に向上します。下記は、血液検査で分かる事の一例です。
更に詳しい事は、お電話いただくか、直接ご来院ください。

QBC検査の各項目でわかること

検査項目名

検査でわかること

HCT

貧血、赤血球増多、血液濃縮の程度

HGB

赤血球内の血色素量

MCHC

平均赤血球血色素濃度

WBC

白血球の総数

GRANS

顆粒球数(GRANS=NEUT+EOS)

NEUT

好中球数

EOS

好酸球数

L/M

リンパ球数と単球数

PLT

血小板数

NRBC

有核赤血球の割合

血液生化学検査の各項目でわかること

検査項目名

検査でわかること

AST

肝臓・骨格筋・心筋疾患の指標

ALT

肝臓疾患の指標

ALKP

胆管・副腎・骨・腫瘍・肝疾患の指標

GGT

胆管疾患の指標

TBIL

黄疸(溶血性、肝性、閉塞性)の指標

TP

血液濃度の指標(脱水、希釈)

ALB

栄養性蛋白質の変化

GLOB

免疫性蛋白質、感染症の有無

CHOL

コレステロール、肝疾患、甲状腺疾患

TRIG

中性脂肪、脂質代謝系疾患の指標

AMYL

膵臓疾患の指標

LIPA

膵臓疾患の指標

BUN

腎疾患、肝疾患、心疾患の指標

CREA

腎疾患の指標

LDH

肝疾患、消化器疾患、心疾患の指標

CK

骨格筋、心筋疾患の指標

GLU

血糖値、糖尿病の指標

NH3

肝疾患の指標

Ca

上皮小体性疾患、腎疾患、腫瘍の指標

PHOS

腎疾患、上皮小体性疾患の指標

Mg

上皮小体性疾患の指標

Na

電解質と酸‐塩基のバランス

K

電解質と酸‐塩基のバランス

Cl

電解質と酸‐塩基のバランス

その他の検査に関しては、連携している病院にて受診することができますので、お気軽にご相談してください。

その他の検査に関しましては、モノリス、IDEXX、スペクトラムラボジャパンなどの外部検査機関に依頼致します。
また、東京大学付属動物医療センター、日本動物高度医療センターとの連携により高度医療機関での治療・検査をご紹介しています。