こういう時は病院へ

ペットの健康管理は、日頃から飼い主がいかにペットの状態をチェックしているかが重要です。下記の表をご覧いただき、該当する項目があれば早めにご来院ください。飼い主にとっては大した事の無いように思えても、ペットには重大な危険信号である可能性があります。

すぐに病院に連絡する

症状

チェックポイント

息をするのが苦しそう

呼吸時に変な音がする、息が止まる、舌が紫色になる

血液が混じっている

便、尿、吐物に血が混じっている

どこからの出血か判らないが、シーツやタオルに血液が付着している。怪我などで出血部位がわかっているときは、ガーゼやタオルで圧迫して病院へ

分娩できない

胎児の顔や足が途中までしか出てこない
陣痛はあるが、1時間たっても胎児が出てこない
次に生まれる胎児が2~3時間経過しても出てこない

トイレにずっといる

姿勢だけで、尿あるいは便は見られない
オスで尿が出ないときは非常に危険

痛み

痛みが治まらず、激しく鳴いたり、背中を丸める

からだのバランスが取れない

よろける、首を傾ける、震える、痙攣

意識がない

横になったまま、眼が見えない、反応がない

発作(ケイレン)

口の粘膜が白い。10分間様子を見て、止まらなければ病院へ

性格が急に変わった

見えないものに噛み付く、飼い主を認識できない

体に穴が空いている

体のどの部分でも、特に胸や腹

中毒

中毒物質を食べたり、触れたらただちに容器を持参し、商品名、化学物質名、成分名を知らせる。

外見上、ひどい症状

眼球が飛び出している、皮膚が破れて骨が見えているなど
(出血の有無に関わらず)

その日のうちに病院へ

症状

チェックポイント

息をするのが苦しそう

息は十分に吸えないが、水を飲んだり、食餌はできる
(咳の有無に関わらず)

嘔吐や下痢をする

少し血液が混じる
血液がまとまって見られたり、痛みや異常な内容物があるときはすぐに病院へ

歩き方がおかしい

急におかしな歩き方をする
どこに原因があるかはっきりしない場合

何か飲み込んだ

疑わしいときも、早めに病院へ

痒み

かく、咬む、舐める、こする
治療が遅れるほど、治りも遅くなります

変な臭い

いつもとは違う臭いがする
どこでも(発生場所がわからなくても)

火傷、凍傷

熱いもの(熱湯、ヒーター、化学薬品など)や、寒冷のさらされたところが広範囲であれば、すぐに病院へ

傷や腫れ

耳を切る、爪を折る、出血のない裂けた傷、原因不明の腫れなど、治療が遅れるほど悪化します

一晩様子を見ても危険がない

症状

チェックポイント

嘔吐や下痢をする

一日1~2回ぐらいで続かない
ただし血液、異物、痛みは伴わない。元気、食欲がある

痒み

軽く、続かない
傷や出血は見られない、虫は見られない

多飲多尿

血液が混じる、痛みがある、尿の色が異常なときは、その日のうちに病院へ

食欲がない

1回食事をしなかった(元気がある)